シード期調達の資料作り、重要事項をお教えします

資金調達は大きく分けて
・エクイティ
・デット
があります。

それぞれメリットデメリットがありますが、企業の目的や事業に応じて臨機応変に活用することが重要です。

特にシード期 〜 シリーズAの調達はかなり特殊な部類に入りますので、投資家に説明する際に押さえておくべき点や資料作り、資本政策などトータルでお教えします。

名前: 大久保将広

生年月日: 1993年04月18日
性別: 男性

キャリア

株式会社RAKUDO 取締役CFO
2016年10月 ~ 2020年02月

Vertech Consulting株式会社 代表取締役
2020年03月から現職


SNS・Webサイト

※ SNSのリンクはログイン後に確認することができます。ログインしていない場合は新規登録ページへ飛ぶ設定となっております。

このメンターの他コンテンツ


会員登録してチャットを作成する